« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

追悼・小笠原猛監督

今日、小笠原猛監督の
告別式に出席し
監督を送ってきました。

棺の中に眠るそのお顔はおだやかで。
「おい、あみ!」
「てめーこのやろ!わはははっ」
「よーい!はいっ!・・よっ!」

いろんな声が聞こえます。

初めて会ったときは
「おまえみたいなタイプはきらいだよ」と
冷たくされ。

でも、仕事をしているうちに
どんどん可愛がってもらい。


そして、一緒に「ラミイ」を生み出しました。


仕事して、飲んで、笑って
ご飯食べて、ゴルフして・・・

思い出がこんなに沢山あったのかと
いなくなってみて思いだすなんて。


森みつえちゃんと一緒に並んで御焼香しました。
みつえちゃんがね、言ったんだもん。
「いつもセットで可愛がってもらったから
きっと二人一緒だと喜ぶ」って。
うん。みつえ!あみ!っていつも
呼ばれてた。


強烈な個性。
でも、男気のある優しさで
沢山のスタッフ、俳優さんに慕われていました。
口が悪いから、敵も多かっただろうけど、
今日集まった人たちは
みんなカントクが大好きでした。


この写真は宝物です
Img064

横山くんと、カントク、と私。
いい写真。大好き。


今日、横山くんが棺を一緒に運んでいましたよ監督。
ダイレンジャーの羽村くんが
約束どおり、葬儀委員長して、大活躍してましたよ。


帰りに
みつえちゃんと、横山くんと、
きみちゃんと、羽村くんと、ピエールさんで
ファミレスで小さな追悼ランチ。
昼間だったけど
御酒大好きだったカントクをしのんで
生ビールで献杯して
カントクの思い出話を沢山沢山して
みんなで笑いました。



特撮番組に関係する仲間たちは
たとえ10数年会っていなくても
昨日まで一緒にいたみたいになります。
違う番組出身で
今まで会ったことがない間柄でも
すぐ一緒に笑い転げられます。


多分「東映テレビプロ」(当時)という
「学校」でともに学んだ
「同窓生」だからでしょう。


その中で
「担任・小笠原猛」のクラスだった
「生徒」が沢山いるのです。


今日、一緒にランチをした面々は
本当にそんな感じで、
それぞれが持つ思い出を語り合いながら
「うわ~~わかるわかる」と
笑いあいました。

前の日まで忘年会で楽しく飲んで
気持ちよく帰ってきて
翌朝、突然天国にいっちゃうなんて。
(奥様のお話)


なんという、去り方。

まったく、もう。

**********************************

カントク。私ね。
ひとつお守りにしてる言葉があるんですよ。

「あみ。お前は義理堅いやつだな。
オレは、お前みたいに
義理を大事にする人間が大好きだ」


今、生きていて。
時々、「まあいいか・・」と
義理がじゃまになりそうになる時
「あ、カントクが、私の義理がたいところが
好きって言ってくれたから、
この義理、大事にしよう」って
思うのです。

感謝してます。


いろんなことを沢山教わって
たくさん楽しい思いをさせてもらいました。



小笠原 猛監督。

私、あなたが大好きです。


本当に本当に。


ありがとうございました。



霊柩車が斎場を出て行くとき
私の心に
カチンコの音が響きました。


こんな短い追悼文では
書ききれないことがいっぱい。


また、思い出したら書きます。


ありがとう。ありがとう監督。

***************************

こんな思い出があります。笑い話

http://www1.ocn.ne.jp/~amipage/page040.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

後ろ向き

あんなころもあったなあ
あんなこともあったなあ

時々過去の
素敵な思い出や
幸せな記憶に
さいなまれる

あの頃に
あの時に
戻りたいと
想うほど
後ろ向きではないけれど

猛烈な懐かしさに
哀しみが止まらない。

あの時の
あの出来事
言われた言葉
強く握った手。

あの時の私と
今の私が
同じじゃないからから
切ないのか。

思い出を思い出として
静かに抱きしめられたら
いいのになあ。

もう二度と戻らない日々

懐かしさが
強烈に寂しく
胸が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょっく

舞台のチケット送付に
ネコのマークで
有名な某宅配業者が
やっている
メール便というのを
ずっと使ってきました。
 
 
郵便局より近くて
まとめて出せて便利だから。
それに定形外の大きさでも
1センチの厚さまでなら
80円という値段も魅力でした。
 
 
しかし。
 
 
ある日こんな連絡が。
 
 
「メール便一通が
こちらの仕分け機械
操作ミスで破損しましてー
どうしましょう?」
 
 
 
どうしましょう?
どうしましょうって何?
 
 
先方が受け取って不愉快になる
レベルの破損なのか
少しの汚れなのか
どちらですか?
と訊く私。
 
 
「中までやぶれてるみたいでー」
 
 
 
怒り爆発。
 
 
 
じゃあ人として
どうしましょうじゃないでしょう!
至急返却します!でしょう?
なんですかそれ!
 
 
窓口の人をしかっても仕方ないので
ぐっとこらえて
返却を待つことに。
 
 
そして今戻ってきました。
 
 
 
すごい。ひどすぎる。
これで
どうしましょう?
と訊いてきたことも衝撃です。
 
 
 
中のチケットも破損です。
その分の弁償はされません。
メール便は中身の補償をしないのです。
 
 
大したお詫びもされず
運賃80円だけが戻りました。
 
 
 
二度と
ネコのマークのメール便は使いません。
 
 
 
心についた傷は深いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母校のカバン

 
マクドナルドの隣の席の
女の子が
母校の生徒。
変わらぬ制服に
真面目な風情。
極めて母校らしい雰囲気。
 
 
今母校のカバンは
こんな形状。
 
 
なんだかなあー。
 
 
 
真四角の
黒い皮のカバンが懐かしい。
 
 
 
一生懸命勉強してた。
頑張れ後輩!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

命!

命の切符!
 
 
スイカで地下鉄の改札を通過。
 
 
降りる駅で残高十円足りないことに気づく。
あらあら。
 
 
財布をだす。
 
 
財布を。
 
 
 
さ。
 
 
 
 
ない。
 
 
 
 
バッグに財布がない。
 
 
 
 
財布を家に忘れた
私はサザエ。
 
 
 
さあどうする!
戻るに戻れないぞ!
進もうにも進めない!
 
 
 
…地下鉄の駅員さんに相談…
 
 
優しい駅員さん…
 
 
 
スイカの残高を引き、
足りない十円はおまけしてあげます…と
 
 
そして
この先たどりつかねばならない
仕事場までの
150円を
かしてくださいました…
 
 
 
必ず必ずお返しします
 
 
 
 
しかし、
スイカのわな。
昔なら切符売り場で気づくわけで。
 
 
 
あああー。
無一文!
あ、ナナコには七百円くらい入ってるぞ(笑)
 
 
 
仕事場で
借金します…くすん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ敗北~

★じぶんではぜったいとれない、
歌舞伎の、チケット。
タダで御譲りします、と言われて狂喜乱舞しかけたら
御稽古日にヒット。
泣く泣く御譲りしました・・・・・。

心臓破れそうなほど残念・・

でも本番1ヶ月前。お稽古に集中するしかありませぬ。
うううううう~~!


★ファミマのスライムにくまん!
友人、同門のお仲間の間で大騒ぎ!
絶対に入手したい!
と、息巻いて、本日
ファミマにいったら
「もう売り切れて、この先入荷しません」とのこと。
我が家の近所2軒とも同じ答え。

うううううう~~!!



今は娯楽とは無縁の日々。
修行の身。
いたしかたありませぬ。



それでも
御稽古場で
仲良しの同門と顔を合わせれば
笑い転げることばかり。
この笑いの時間が
私の唯一の、「娯楽」の時間。

ありがたや。ありがたや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私は好きだけどなあ

 
私はこういうの
好きだけどなあ。
 
 
中身は
全然違うタイプのお菓子だし。
 
 
だめかねえ。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »